普段着に和服を取り入れよう!選び方のポイントを紹介

普段着用の着物(男性編)

木綿やウールの着物であれば春、秋、冬と3シーズン着ることできます。木綿と言っても夏の浴衣とは違う織り方をしたものです。ウールは洋装でも使われているとおり、保温性があり冬の寒さをしのぐにはうってつけです。

着物の下には通常モスリンと呼ばれる毛織物の長襦袢などを着ますが、タートルネックやTシャツなどを着ると現代風な感じにアレンジできます。

夏の普段着に使える着物は、浴衣のような木綿の着物や、麻の単の着物などがあります。特に麻の着物は風通しがよく、肌のあたりも冷たいので夏にむいている素材といえます。

日常で仕事をする上では、着物より袴の方が格段に動きやすいです。ズボンに近い野袴なら、和服でも活動的に行動することが可能です。裾も細く絞ってあるので、とても動きやすいです。

普段着用の着物(女性編)

出典: ceraunavolta.jugem.jp

正絹というと高級な着物のイメージをもたれる方が多いと思いますが、普段着として着る正絹もあります。その代表格が紬で、着物を着る人ならば誰もが一枚は欲しいと思う一品です。
夏涼しく冬暖かい着物です。ざっくりとしてとても着心地がいいです。庶民の着物として親しまれてきたものなので、丈夫で長持ちする着物です。

出典: www.wasuteki.com

小紋も普段着としてよく着られるものです。小紋というのは全体に柄が入った着物のことを指します。お茶会や観劇、コンサートなどに向いています。

ウールの着物

ウールと言えばお正月に同柄のアンサンブルを着る、というのが定番になっていましたが、現在は違う柄をもってきたり、着物単体で着たりとバリエーションも増えてきました。柄もモダンレトロなものなど若い人が好む柄が人気で、冬の普段着用の着物としてピッタリです。

出典: menya.exblog.jp

木綿は古くから日本人に親しまれてきた素材で、その一番の特徴は、丈夫で汗をよく吸うことです。木綿は縮んでしまうのが欠点ですが、初めから少し大きめに作っておけば大丈夫です。
何度も何度も洗っているうちに肌触りが柔らかになり、とてもいい風合いになるのが人気です。一年を通して、真冬以外は着ることができるのも魅力の一つです。

出典: store.shopping.yahoo.co.jp

洗える着物とは、20年ほど前から販売されているポリエステル100%の着物の事をいいます。値段もリーズナブルなので、お稽古着や飲食店の制服として使用されることが多いです。

洗える着物はお仕立て上がりがほとんどなので、サイズもS.M.Lというように、必ずしもすべてが体にフィットするとは言えません。とはいえ扱いやすさは抜群なので、気軽に着物を着てみたいという方にはピッタリですね。

子供甚平

出典: www.hotya.net

甚平とは木綿または麻製でできており、袖口が広い半袖や七分丈の着物です。襟は棒襟でおくみがなく、付紐で結ぶので帯は必要ありません。

もともと男の子の夏の着物だったのですが、現在は女の子用のフリルのついたものなど、さまざまなタイプの甚平が販売されています。夏のホームウェアーとして重宝されています。

出典: www.hankyu-dept.co.jp

子供服の老舗のミキハウスも甚平を販売しています。ミキハウスは甚平や浴衣に強いこだわりを持っている企業です。そのこだわりとは、
1.100%良質コットンを使用
2.元気に動いても大丈夫
3.10センチ刻みの豊富なサイズ展開
4.気軽に手洗いができる
すべて子供たちが快適に着ることができるように、細かいところまで配慮されています。

出典: www.bebe-couture.net

まだ上下に分かれた甚平を着ることができない赤ちゃんのための甚平です。ロンパースのように一体になっているので、脱ぎ着がとても楽です。月齢の小さい赤ちゃんの肌着としても重宝されます。
夏の暑い時期には木綿が汗をたくさん吸い取ってくれるので、快適に過ごすことができますね。

出典: fril.jp

可愛い柄の甚平が多い中、シンプルで大人っぽいデザインの甚平を販売したのがユニクロです。このシンプルさが逆に男の子の魅力を引き立たせてくれます。
柄物を既に持っている方でも、この無地の甚平をプラスワンアイテムで持ってみるのもいいですね。