建築化照明でおしゃれな部屋づくり!建築化照明の基礎を知ろう

建築化照明の基本

そもそも「建築化照明」とは一体なんなのでしょうか?
建築の際に、壁や天井といった建築部材そのものに照明器具を組み込んで、あたかも壁や天井をひとつの照明装置のように見せる方法が「建築化照明」です。

言葉にすると難しく、すぐにはピンとこないかもしれません。そこで、もともとの壁に照明器具が埋め込まれている状態を想像してみてください。
気にして眺めてみると、ホテルやマンションのエントランス、デパートなどで日常的によく目にしているかもしれません。

建築化照明の種類?

ここでは「建築化照明」の種類を、ひとつひとつその特性をとらえ、ご紹介いたします。
魅力的な照明方法ですので、ぜひ、今後の家づくりのご参考になれば幸いです。

建築化照明の1つめは「コーブ照明」

天井や壁への組み込み方法で、天井の場合だと、天井をより高くし部屋全体を広く見せることができます。
そして、光を拡散させるので、柔らかい光が壁伝いに広がり、部屋の圧迫感も抑えることができるステキな照明方法です。

天井と壁の境目に照明器具を設置して、壁の下方向に光を広げる「コーニス照明」

部屋に奥行きが出るため空間自体が広く感じられ、壁の演出にもつながってステキな仕上がりになります。
光を当てる材質により、その部屋の印象がガラリと変わるのも特徴です。

出典: noneta.at.webry.info

主に壁に設置し、遮光板で直接的な光を遮ることで上下ともに照らすことのできる「バランス照明」

位置によっては、壁と天井を同時に照らすことができるので、コーブ照明とコーニス照明を合わせたような照明方法です。
遮光板に小物を置くことで、お部屋のインテリアにも活用できる便利で印象深くなる照明方法です。

出典: www.katohome.com

天井そのものに照明を設置し、パネルや障子などで部屋に光を拡散させる「光天井」

特徴として、光を遮る素材によっては、さまざまな印象のお部屋へと変えることができます。
和室や洋室ともに使える便利な照明方法です。

出典: ef-plan.net

照明が直接目に触れないように施工される「トロファ照明」

部屋に変化を与えたり、一角だけ区分したいときなどによく用いられます。天井空間に明暗の変化がでるので、印象的に仕上がるのもひとつの特徴です。

出典: dsshin.ti-da.net

ルーバとは、羽板(はいた)と呼ばれる細長い板を枠組みにし、隙間をあけて平行に組んだものをさし、それを用いたのが「ルーバ照明」

光が通ったときの美しさが特徴的で、天井に設置すると「ルーバ天井」と呼ばれます。
外観に用いられたり、玄関のエントランスに起用されることも多い照明方法です。

それぞれの空間に合う建築化照明はどれ?

出典: yaplog.jp

代表的な建築化照明「コーブ照明」はやはり家族が集まるリビングやダイニングが似合います。

高い天井と優しい照明によって、圧迫感のない落ち着く空間となっていますね。

出典: akito-y.jugem.jp

暗くなりがちな廊下を「コーブ照明」で照らし、階段部分をルーバにした実例です。

コーブ照明と屋外からの光が柔らかい空間を作りあげています。
ルーバを通して階段を照らすことで、優しい光が入りこんでステキな仕上がりになっていますね。

出典: www.novelog.jp

「コーニス照明」を造作家具に組み込んだ実例です。

足元を照らすことはもちもん、照明をスポットライトがわりに、インテリアなどを飾りたてることもできますね。
パッと目がいく、ステキな照明空間となっています。

出典: www.all-eyefulhomenavi.com

十字にデザインされた「バランス照明」の実例です。

こうした玄関のワンポイントにもなり、遊び心として使えるのも照明の面白いところですね。

出典: blog.goo.ne.jp

優しい光が広がる「光天井」の実例です。

天井と照明が一体化することで見た目もすっきりし、なおかつ印象的な空間に仕上がります。

出典: tomoko-ishimura.com

「トロファ照明」を使用した柔らかく落ち着いた空間です。

暗めの天井と床板に優しい光を合わせることで優しい印象になり、とても居心地の良いお部屋となっています。

出典: www.sumai-yume.net

とても洗礼された印象の「ルーバ照明」の実例です。

家の顔ともいえる玄関に設置することで、とてもしっとりとした落ち着く空間に仕上がっています。
お客様のおもてなしとしても素晴らしい実例です。

建築化照明の予算と注意点

出典: www.tokai-housing.jp

建築化照明は建築する際や、リフォームのときに組み込むことのできる照明です。そのため、やはり予算はかさむこととなります。
壁や天井の造作にかかる金額、そして建築化照明に適した照明器具。
予算は施工例によって違ってきますが、だいたい10万から20万前後をみておけばよいかと思われます。

家の雰囲気を重要視するならば、必要な金額といったところでしょうか。

出典: style.hamazo.tv

建築化照明の大前提として「照明器具が見えないようにする」があげられます。
設置する場所によっては、照明器具の映り込みがある場合もあり、施工会社との綿密な打ち合わせが必要となります。
ほかにも、照明器具の交換方法や掃除の仕方など、施工後の手入れの仕方も重要視すべき項目です。

それらをクリアすれば、とてもステキで癒される空間へ仕上がるはずです。