蛇口の水漏れ。DIYなら1/8の費用で修理できます

①補修する部分を見極めましょう

水栓には漏れの箇所に対して直すべき部分が決まっています。交換すべきパッキンの種類も異なります。補修箇所の見極めが大切です。ハンドル下の水漏れはハンドル内のパッキン、パイプの水漏れはパイプパッキン、蛇口の水漏れはコマパッキンを交換します。

②スピンドルをはずします。

カバーナットを外したらハンドルを回してスピンドルを外し、中に入っているコマパッキンを交換します。新しいコマパッキンを購入する時には、古いコマパッキンを持って行って同じ形のものを買うようにしましょう。

③コマとコマパッキンです。

カバーナットを外したらハンドルを回してスピンドルを外し、中に入っているコマパッキンを交換します。新しいコマパッキンを購入する時には、古いコマパッキンを持って行って同じ形のものを買うようにしましょう。

④スピンドルを元に戻します。

スピンドルのネジ山が見えなくなるまでハンドルを回し、カバーナットとハンドルを交互に手で回せるだけ締めます。最後に水栓用レンチを使って、カバーナットをしっかり締めましょう。

⑤プラスティックハンドルの場合…カラーキャップを外します

止水栓を締めてからキリや先端の細いドライバーなどを使って、カラーキャップを外します。あらかじめハンドルを2~3回まわしてスピンドルを緩めておきます。

⑥ネジを外します

ハンドルの中にあるネジを外してハンドルを取り出します。あとは、ウォーターポンププライヤーでカバーナットを緩めて、手で外します。

⑦コマパッキンを新しく替える

スピンドルを外したら、ピンセットや割り箸を使ってコマパッキンを取り出し、新しいものと交換します。